【臼杵市歴史資料館】合戦絵図の世界~語り継がれる戦国の「記憶」

 戦国時代から江戸時代初期まで各地で続いた合戦の背景や経過は、戦乱から安定へと時代が移りゆく中、武勇伝などとともに軍記物や逸話集、各大名家の家譜などに記された。また、軍勢の布陣状況など戦場の詳細な光景は、絵図やびょうぶなどに描かれた。本展では、臼杵藩主稲葉家に残された合戦絵図や家譜などから、太平の世の中を生きた人々がさまざまな形で描き記し、語り継いでいった戦国の「記憶」の一端をひもとく。19日(月)まで。一般320円、学生160円。火曜休館。

=2018/02/05付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]