【佐賀県立美術館】バロックの巨匠たち展

 「ゆがんだ真珠」を語源とする「バロック」は、イタリアで生まれ18世紀初めまで欧州で各地の風土を取り入れ多彩な展開を見せた美術様式。本展では、欧州各地にある美術館のコレクションから、すべてが佐賀県初公開となる44点のバロック絵画を展示する。ルーベンス「十字架への道」、レンブラント「襞(ひだ)襟を着けた女の肖像」など。7月20日(木)まで。一般1200円、高校生以下無料。月曜休館(ただし祝日は開館、翌日休館)。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]