【嘉麻市立織田廣喜美術館】筑豊・最後の坑夫たち 坑内現場の貴重な写真群 蘇る男たちの実像

 日本の近代化と戦後復興のためのエネルギー源であった石炭を供給してきた筑豊。本展では、撮影不可能とされてきた炭坑内部の労働現場を収めた3人の写真家による作品101点を中心に、当時使われていた道具の実物などを展示し、炭坑作業員たちのありのままの姿を伝える。7月17日(月・祝)まで。入場無料。月曜休館(ただし最終日は開館)。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]