【出光美術館】板谷波山とアールヌーヴォー -近代陶芸の美

 近代日本で活躍した代表的な陶芸家の一人である板谷波山(1872~1963)。波山は、19世紀末に欧州で流行したアールヌーボー様式をはじめ海外の美の様式を研究し、東西の美を融合させた新たな表現で知られている。本展では波山の作品をはじめ、アールヌーボーの代表作家らの作品なども合わせて約70件を展示し、近現代陶芸の魅力を紹介する。8月13日(日)まで。一般700円、高大生500円、中学生以下無料(保護者同伴)。月曜休館(ただし祝日は開館)。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]