時が止まった「居場所」 福岡・親不孝通りの喫茶店が40年  表現者の“絆”でカフェ戦争しのぐ

妖怪絵師として知られる三日月電波さんが「屋根裏 貘」のために描き下ろしたというイラスト。夢を食うバクの妖怪が、震災を引き起こすナマズの化け物を退治する場面が描かれている。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]