「閉校」覆した中学生11人の絆 市教委動かし異例の1年延期 悩みながら成長、支えた大人たち

豊洋中学校、最後の文化祭で保護者の出し物に笑みがこぼれる3年生たち
豊洋中学校、最後の文化祭で保護者の出し物に笑みがこぼれる3年生たち
写真を見る
海と山に囲まれた豊洋中学校
海と山に囲まれた豊洋中学校
写真を見る
最後の文化祭を訪れ、拍手する斎藤教育長。生徒たちに優しいまなざしを送っていた
最後の文化祭を訪れ、拍手する斎藤教育長。生徒たちに優しいまなざしを送っていた
写真を見る
文化祭の最後でステージに立ち、決意表明する生徒11人
文化祭の最後でステージに立ち、決意表明する生徒11人
写真を見る

 「ドコドンドコドン」。大分県臼杵市の海と山に囲まれた体育館に太鼓の音が響く。来春の閉校を控えた市立豊洋中学校での最後の文化祭だ。少子化に伴う学校の統廃合は、全国で進んでいる。「最後の…」もニュースではよく見かける話。しかし、ここが少し違うのは、実は2年前に今年3月末での閉校が決められていた、という点だ。それなのに、市は1年間の閉校延期に踏み切った。そこには、最後に残った3年生11人の「母校で卒業したい」という強い思いと、その意志を受け止めた大人たちの決断があった。

 臼杵市は豊後水道に面した自然豊かな土地だ。平安時代に岩壁に彫られたとされる摩崖仏「臼杵石仏」(国宝)や醤油製造などで知られ、中学校の校区には造船所も立ち並ぶ。人口は3万8千人余り。この40年で1万2千人減り、減少傾向は続いている。

 話は2年前にさかのぼる。2014年11月、住民代表やPTA関係者、退職、現職の教諭らでつくる「市教育問題検討会議」が一つの考え方を示した。「中学校は社会性を身に付け、クラス間で競い合うためにも、最低でも1学年2クラス以上となることが望ましい」。小規模になると、配置される教員数が減ることや、団体競技の部活動が成立しづらくなる課題にも触れていた。

 豊洋中は当時、1学年が11人から13人ほど。当然、望ましいクラス数を満たしていなかった。市教委は検討会議の結果を受け、「2016年3月末の閉校」「1年生(現在の3年生)は、3年時には隣接する地区の市立北中学校に通う」との方針を打ち出した。説明を受けた保護者や生徒には戸惑いが広がった。

 当時を振り返り、生徒会長の尾崎華奈さん(15)は「最初は、ただのうわさだと思った。以前も小学校の閉校の話とかが出たことはあったので。でも、親と先生が話し合いをしたと聞いて、『本当になっていくんやないか』と不安になった。『(閉校は)本格的になっちょんけん。このクラスの11人が関わることやけん』と先生に聞いて、ショックを受けた」と話す。

生徒と教育長が直接話し合い

こうした生徒たちの声を受け、多数の保護者から要望が寄せられた。「1年生は転校せず、卒業できないか」。動いたのは市の斎藤克己教育長(63)だった。教員経験はないが、建設や総務などの部署を歴任していた。「当事者の話を聞くのが仕事の基本。また聞きした大人だけで決めるのは、あり得なかった。現実に体験するのは子どもたちですから」と、直接の意見交換の場を設けた。

意見交換を前に、休み時間などに話し合う生徒もいた。「話が大きくて、訳が分からない」「現実感がない」。当時の1年生には重い判断だったが、それでも個々が考えを巡らせた。「環境、雰囲気が変わって、友達づくりからやり直さないといけない。受験の3年生から行くのは大変」。「大きな学校には憧れがあるけど、兄貴2人が卒業した豊洋を自分も卒業したい」。
「北中学校には知り合いもいる。人数が多い方が勉強の刺激がある」と、市教委の考え方に賛意を示す生徒もいた。他人の意見に流されるのではなく、少しずつ各自が自分の考えをまとめていた。

 クリスマス前の12月22日。中学校の図書室。欠席者を除く1年生10人と、斎藤教育長をはじめ市教委の3人が向き合った。「15年度末で学校を閉校させたい。保護者から意見をもらったが、皆さんの率直な意見を聞きたい」。冒頭、斎藤教育長が呼びかけ、こんなやり取りが行われた。

 生徒「そのまま学校を続ける案はないんですか」
 市教委「人数や、男女比のバランスの問題がある。教育に適した環境で学んでほしいけん、それは無理かな」
 生徒「私たちが2年生の時から北中に行くことはできますか」
 市教委「今からだと準備期間が3カ月しかない。1年は欲しい」

 現実的な質疑応答が続いたのち、生徒全員が1人ずつ意見を述べた。「自分はどちらでも良い」と話す生徒もいたが、ほとんどの生徒が「思い入れがあるので、卒業したい」「残りたい」と訴えたという。

 斎藤教育長「新入生はもう入ってこない。卒業式で送り出してくれる後輩もいないよ」
 生徒「それでも良いです」

「生徒が自分の意志を持っていた」

 話し合いは1時間超。「決して親から言わされているのではなく、自分の言葉で素直な気持ちを語っていた。自分の意志を持っていた」と斎藤教育長は受け止めた。「今の1年生たちは、豊洋中から卒業させる」。市教委は3日後、方針を転換した。異例の決断。文部科学省は取材に対して「行政が一度決めた方針を覆すのは、なかなかないのではないか」とコメントした。

 子どもたちの意志とはいえ、11人を残すことを決めたのは大人たち。学習環境を整えて、責任をもって卒業させる―。市教委は腹をくくった。最後を締めくくる新たな校長として白羽の矢がたったのは、一連の手続きに関わった小坂一弘学校教育課長(58)。豊洋中出身で地元在住だが、母校への赴任経験はなかった。「行ってこい。豊洋中を頼むぞ」と斎藤教育長から送り出された。

 「11人しかいない最後の1年。(学校運営は)難しいだろうと思いましたが、この機会を頂いて、ありがたかった。何をするにしても地域を頼ることになるだろう、その地域を自分は知っていることが大きいと思っていました」。小坂校長のもとには、延期された1年間のため、市費で養護教諭が加配された。30代の教諭も赴任した。

 とは言え、1学年上の13人が卒業すると変化が現れた。「11人になってさみしかった」と作文に書いた生徒もいた。「北中に行った方がよかったのかも」「先輩が卒業したとき、ちょっと後悔した」。取材に対して、生徒たちは当時の率直な気持ちを語ってくれた。

人数の少なさ、教員や地域がカバー

 人数は弱点になった。3年間ずっと同じクラスの11人。顔を見るだけでも思いが伝わるような、安定した関係性ゆえに、勉強面などで競争意識が生まれにくかったという。授業にもハンディがあった。体育ではバレ-ボールなどの団体競技ができない。

弱点をカバーしようと、教職員10人は工夫を凝らした。体育や音楽では、教員が生徒役として参加した。「この年になって歌うのは恥ずかしいですけど」。担任の玉井鉄兵教諭(31)は照れくさそうに話す。隣の中学校との合同授業も実施。人数の少なさを逆手にとり、生徒たちは司書らにマンツーマンで読み聞かせの方法を習って、小学校に出向いて児童たちに読み聞かせした。

 行事などでは積極的に学外の協力を募った。校内の草刈りやグラウンド整備などは、地元住民や退職した元校長らが担った。特に体育祭。障害物競走のような個人種目は住民たちと競い、綱引きには生徒チームのほか、各地区住民、卒業生、市教委など6チームが出場した。市教委は会場設営などでも加勢した。

 自営業の傍ら、通学路の草刈りなどに精を出し、行事にも参加してきた卒業生の佐藤信哉さん(61)は「中学がなくなるのは寂しかったが、1年生の時に『卒業したい』と言ってくれたのはうれしかった。しっかり育っているなと。先生方だけではとても手が届かないですし、少しでもお役にたちたい」と話す。

 思いは生徒にも伝わっている。「自分たちが決めたことで、地域の人や退職した校長先生たちを巻き込んでしまったことは、申し訳ない気持ちもある」と丹生佳孝さん(15)。「人数が少なくなって、地域のありがたさが本当に分かった」と感謝の言葉が多くの生徒から聞かれた。

11人しかいないからこそ

 人数の少なさは、デメリットだけではなかった。「11人しかいないからこそ、全員一致まで話し合いができる」。生徒会長の尾崎さんは、力強く話す。担任の玉井教諭も「体育祭のスローガンなども、全員が意見を出したうえで、一つにして決められる」。絆が深まっただけでなく、それぞれが自分を出せるようにもなった。地域住民など外部との接触が多くなり、「1年生の時は気持ちを表現するのが苦手だった」(当時を知る小坂尚代教諭)という生徒たちが、徐々に自己表現を覚えた。

 11月19日に開催された最後の文化祭。テーマは「豊洋協奏曲~奏でろ11人の音色~」だった。合唱の歌声や、はやりのロックに加え、時折、老若男女の笑い声も聞こえてくる。制服姿は11人だけ。教職員や保護者よりも、約70席のパイプいすを埋めた地域住民の方が、明らかに多い。
全員出演の劇や合唱、国語や英語の弁論、そして漫才やダンス、クイズの司会。全員が複数回ステージに立ったが、不安や緊張した姿は見られなかった。教職員や保護者、地域住民による出し物の際には、照明や設営など、裏方も務めた。体育館の最前列に設けられた在校生席に、全員が座っていられたのは、わずかな時間だった。

 「11人はやっぱり楽しいです」「この11人で良かった」。終了後、生徒たちからは15歳の飾り気のない言葉が聞かれた。「このまま、一人一人が自分らしさを出して、卒業できたら」と山口純奈さん(15)は笑顔を見せた。
「学校があるから、生徒が集まってくる。それが普通。この学校は逆で、11人が残ることを決めたから、今、存在しているんです」と小坂校長。玉井教諭は「閉校延期を自分たちで決めた、その気持ちを表現できる力を卒業までに身に付けさせたい」と話す。教職員は生徒たちが残りわずかな中学生活を有意義に過ごせるよう、これからも見守っていく。

 この中学校は、記者自身の母校でもある。現時点で11人の選択が正解だったかどうかは分からない。ただ、来年3月の卒業・閉校へ、11人と先生たちが、同じ目標を持って進んでいることは確かだと感じた。私はそれを応援したい。(三重野諭)

=2016/12/07付 西日本新聞=

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]