アンプティサッカー、九州初のチーム誕生 FC九州バイラオール W杯へ日本代表目指しメンバー募集

初練習で東京から招いたチーム(白いユニホーム)と試合形式で戦う加藤さん(手前左)ら「FC九州バイラオール」のメンバー
初練習で東京から招いたチーム(白いユニホーム)と試合形式で戦う加藤さん(手前左)ら「FC九州バイラオール」のメンバー
写真を見る

 病気や事故で片足、片手を失った人がつえを支えにプレーする「アンプティサッカー」の日本代表、加藤誠さん(28)=大分県別府市=が中心となり、九州で初めて、全国で3番目のチーム「FC九州バイラオール」を結成し、9日、同県日出町で初練習をした。(三重野諭)

 加藤さんは小中高とサッカー部。2007年、福岡県内での交通事故で左膝から下を切断した。10年7月、義足の技師から「代表になれる」と同サッカーに誘われ、映像で見た強烈なシュート、ヘディングなど思った以上の迫力に魅せられた。東京のチームに加わり、同年10月のワールドカップ(W杯)アルゼンチン大会に九州からただ1人の代表として出場した。

 5戦全敗だったが数千人の観衆の前での真剣勝負に感激し、今年8月にチームを立ち上げた。この日の初練習で5人のメンバーが初めて集合。東京のチームも加わり、試合形式で練習をした。

 バイラオールはスペイン語で、フラメンコの男性の踊り手を指す。メンバーの鹿児島市出身で東京都の会社員、上中進太郎さん(37)は「九州でアンプティを広める」と意欲は十分だ。

 来年のW杯はイランで開催される。加藤さんは「12月の日本選手権を制し、W杯に代表を送り込みたい」と意気込んでいる。チームはメンバーを募集中。加藤さんのメールアドレス=mako@j-afa.jp

 アンプティサッカー アンプティは英語で「手足を切断で失った人」の意味。1986年に負傷兵向けに米軍が考案。1チーム7人で、ゴールキーパーは腕の切断障害者、フィールドプレーヤーは脚の切断障害者が務める。つえはクラッチと呼ばれる医療用を使う。つえでボールをコントロールすると反則。ピッチの広さは普通のサッカーの3分の2ほどでオフサイドはない。試合は25分ハーフの50分。

この記事は2011年10月10日付で、内容は当時のものです。

アンプティサッカーの詳細な魅力や歴史についてはこちら

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]