西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

地表に十数キロの断層出現、熊本 二つの断層帯つなぐ

 熊本県御船町で確認された、日奈久断層帯が地表に現れたとみられる断層(東北大提供)
熊本県御船町で確認された、日奈久断層帯が地表に現れたとみられる断層(東北大提供)
写真を見る

 熊本県を中心とする地震について東北大の遠田晋次教授(地震地質学)は19日、マグニチュード(M)7・3の16日の地震で地表に現れた断層を、長さ十数キロにわたって確認したと発表した。別々とされる二つの断層帯をつなぐように走っており、一続きの断層として地震を起こした可能性があるという。

 遠田教授らは東北大で記者会見。16日の地震によって「布田川断層帯」がある熊本県益城町だけでなく、「日奈久断層帯」がある御船町でも断層が動いて地表に現れていた。いずれも、断層を挟んだ反対側が右にずれる横ずれ断層だった。

 政府の地震調査委員会は、二つの断層帯のうち布田川断層帯が動いたと判断しているが、遠田教授は「(断層帯は二つではなく)一続きの断層が向きを変えてつながっている可能性がある」と指摘している。

 また、地震で断層が動いたことにより、地下にかかる力がどのように変化したかを計算した。大分県など地震活動が活発化した地域では、地下の圧力が地震を起こしやすくするよう変化したと考えられた。

 熊本県の南西側に延びる日奈久断層帯でも同様に圧力が変化したとみられ、今後の地震活動に注意が必要という。

 遠田教授は「大分のような火山地帯では地下の熱水活動が活発で、地震で揺すられると反応しやすく、震源から遠くても地震が誘発されたのではないか」と話している。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]