岩泉町の「楽ん楽ん」再建断念へ 台風豪雨で被災、9人死亡の施設

 台風10号の豪雨で9人が死亡した高齢者グループホーム「楽ん楽ん」(左)と隣接する介護施設「ふれんどりー岩泉」=8月31日、岩手県岩泉町
台風10号の豪雨で9人が死亡した高齢者グループホーム「楽ん楽ん」(左)と隣接する介護施設「ふれんどりー岩泉」=8月31日、岩手県岩泉町
写真を見る

 台風10号の豪雨で被災し、入所者9人全員が亡くなった岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽ん楽ん」について、運営法人が現地での再建を断念する方向で調整していることが23日、法人や町への取材で分かった。

 法人の佐藤弘明常務理事は共同通信の取材に「ご遺族の気持ちを考慮すると、同じ場所での再建はできない」と話した。最終的には理事会で決めるが、建物は取り壊す予定で、跡地に慰霊碑を建てることも検討するという。町の担当者によると、法人側は既に再建を見送る考えを町に伝えた。

Recommend

Recommend