東北新幹線が一時見合わせ 強風で交通機関に乱れ

 台風18号の影響で、東北地方は東北新幹線が一時運転を見合わせるなど交通機関が乱れたほか、一部の地域で浸水被害が起きた。

 JR東日本によると、東北新幹線は青森県内の風速計が規制値に達し、18日午前9時55分ごろから約30分間、八戸―新青森間の上下線で運転を見合わせた。仙台以北の一部区間では徐行運転も行われ、上下計16本が最大で87分遅れ、約1万人に影響した。

 同5時50分ごろには山形県のJR奥羽線の芦沢―北大石田間で新庄発東京行きの山形新幹線つばさ120号が倒木に衝突、停車した。乗客と乗務員らにけがはなく、倒木を撤去して約50分後に運転を再開した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]