49火山、噴石対策施設は3割 財政難などで設置進まず

 浅間山の火口周辺に設置されているシェルター(長野県小諸市提供)
浅間山の火口周辺に設置されているシェルター(長野県小諸市提供)
写真を見る

 国が指定する火山災害警戒地域にある全国49火山のうち、噴石から身を守るシェルターや補強済み避難小屋といった施設が設置されているのは16火山で約3割にとどまることが25日、共同通信が各火山の防災協議会に実施したアンケートで分かった。未設置の理由は「財政難」が目立った。

 回答によると、火口周辺などにコンクリート製などのシェルターがあるのは浅間山(群馬・長野県)や桜島(鹿児島県)などの13火山で、補強済み避難小屋のみがあるのは雲仙岳(長崎県)など3火山。そうした施設がなかったのは岩木山(青森県)など27火山で、うち約半数に未補強の避難小屋などがあった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]