九州豪雨から3カ月 1200人避難生活続く

 福岡、大分両県で37人が犠牲になった九州北部の豪雨から5日で3カ月となった。避難所はほぼ解消されたが、両県で約1200人が仮設住宅などでの生活を送り、自宅に戻れる見通しは立っていない。甚大な被害を受けた福岡県朝倉市の山間地域には土砂や流木がなお残り、復旧作業が続く。市では4人が行方不明のままだ。

 両県によると、家屋被害は全半壊や浸水など約3千棟に上る。福岡県は朝倉市と東峰村で計100戸の仮設住宅を建設。8月には入居が始まり、追加で建設する7戸も今月中に完成する。このほか民間の賃貸住宅を借り上げる「みなし仮設」や公営住宅で暮らす被災者も多い。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]