鎮魂と継承、願う1日 阪神大震災23年

 雨が降る中、阪神大震災の追悼会場で竹灯籠のろうそくに火をともす人たち=17日早朝、神戸市中央区の東遊園地
雨が降る中、阪神大震災の追悼会場で竹灯籠のろうそくに火をともす人たち=17日早朝、神戸市中央区の東遊園地
写真を見る
 阪神大震災の追悼会場で竹灯籠の明かりを見つめる女性=17日早朝、神戸市中央区の東遊園地
阪神大震災の追悼会場で竹灯籠の明かりを見つめる女性=17日早朝、神戸市中央区の東遊園地
写真を見る

 6434人が亡くなった阪神大震災は17日、発生から23年となった。大きな被害が出た兵庫県内の各地で、犠牲者の鎮魂と記憶の継承を願う追悼行事があり、地震発生の午前5時46分に黙とうした。

 歳月の経過で、震災の経験を共有することは年々難しさを増している。日本列島では地震、噴火、台風など自然災害による犠牲が相次ぎ、南海トラフ巨大地震など将来予想される自然災害への懸念も拡大。大地震による苦境から復興へ向かったこれまでの歩みを語り継ぎ、次世代の教訓とすることが求められている。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]