雲を捉え台風と豪雨予測 スパコン京とひまわり8号で

 ひまわり8号のデータを利用した2015年の台風13号の予測結果(左)と実際の観測結果(理化学研究所提供)
ひまわり8号のデータを利用した2015年の台風13号の予測結果(左)と実際の観測結果(理化学研究所提供)
写真を見る

 スーパーコンピューター「京」を使って気象衛星「ひまわり8号」の観測データを解析し、天気予報に用いるのが難しかった雲の高さや厚みを捉え、台風や集中豪雨をより正確に予測する手法を開発したと、理化学研究所と気象庁のチームが17日付の米科学誌に発表した。

 2015年に運用が始まったひまわり8号では、これまで30分間隔だった観測が10分間隔となり、理研の三好建正さん(気象学)は「危険をより早く捉え、避難につなげることが可能になる」と期待している。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]