桜の開花は平年並み、気象協会 高知などの3月21日皮切りに

 日本気象協会(東京)は7日、今春の桜の開花予想を発表した。全国的に平年並みの見込み。

 気象協会によると、高知、熊本、宮崎各県の3月21日を皮切りに、3月末までに九州から関東南部にかけて開花。4月上旬には山陰から北陸、関東北部でも咲き始める。桜前線は4月中旬以降、東北を北上し、津軽海峡を渡るのは4月末となる見通し。

 この冬は全国的に気温が低く、桜の花の芽が低温にさらされて目覚める「休眠打破」が順調に進んでいるとみられる。3月以降の気温は平年並みか高いことが見込まれるため、開花は全国的に平年並みの予想となった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]