熊本地震犠牲者259人に 関連死原因は余震への恐怖

 熊本県は12日、2016年4月の熊本地震で昨年末までに震災関連死と認定された197人の原因や生活環境の集計結果を新たに公表した。認定の際の報告書に基づき複数回答を分類した結果、地震のショックや余震の恐怖による肉体的・精神的負担が4割を占めた。

 関連死は、益城町が同日、70代の女性1人を認定したと発表し、204人(熊本県201人、大分県3人)となった。地震の犠牲者は、直接死50人と16年6月の豪雨災害で亡くなった5人を合わせ、計259人。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]