福岡、横浜などで桜開花 昨年より6日早く

 気象庁は19日、福岡市で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表した。満開までは1週間から10日程度かかる見込み。昨年より6日早く、平年より4日早かった。気象庁などによると、横浜市と松山市でも19日、開花を確認した。

 福岡では同日午前9時半ごろ、福岡市中央区の気象台の敷地内にある標本木の花が7輪開いているのが確認された。2月下旬以降、平年と比べて気温が高い日が多かったため、早まったという。

 九州では福岡に先立ち、長崎、熊本、宮崎、鹿児島の各気象台で開花が観測されている。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]