不正引き出し事件で暴力団員の男に実刑判決

 17都府県のコンビニの現金自動預払機(ATM)で18億円超が不正に引き出された事件で、福岡市と佐賀県唐津市で計390万円を引き出したとして、窃盗罪などに問われた指定暴力団道仁会系組員の男(35)に佐賀地裁は30日、懲役4年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]