架空発注事件で元北九州市職員に有罪判決

 機器を架空発注して北九州市から購入代金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元市職員の男(59)に福岡地裁小倉支部は30日、懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]