諫早基金案に否定的な考え 漁業者側弁護団長

 国営諫早湾干拓事業を巡り、国が開門の代わりに100億円の漁業振興基金創設の最終案を示したことに、開門派の漁業者側弁護団長は30日、「金を1回出せば国の義務が果たされたとする話で極めて不当だ」と述べ、受け入れに否定的な考えを示した。

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]