線路付近の陥没は深さ約1.6メートル 徐行で運転再開 JR香椎線

 JR九州によると、2日午前、福岡県のJR香椎線須恵中央‐新原間の線路付近で陥没が見つかり、香椎線は上下とも香椎-宇美間で運転を見合わせていたが、午後1時15分ごろ、徐行運転で、運転を再開した。この影響で香椎線は上下で運休、遅れが発生した。

 JR九州によると、線路付近で見つかった陥没は、縦約0.6メートル、横約0.3メートル、深さ約1.6メートルだった。

=2016/12/02 西日本新聞=

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]