総額は7億3522万円 関税法違反容疑で韓国人4人逮捕の福岡県警発表

 福岡県警が21日関税法違反容疑で逮捕した韓国籍の男4人は、同県警によると、いずれも住所、職業不詳で、31歳から36歳。

 逮捕容疑は、34歳と35歳の男2人については、20日午後6時4分ごろ、福岡市博多区の福岡空港国際線旅客ターミナルビルで、香港国際空港向けに出国する航空機に搭乗する際、日本銀行券合計3億7000万円について、税関長の許可を受けないで輸出しようと準備した疑い。

 また、31歳と36歳の男については、20日午後11時22分ごろ、福岡空港国際線旅客ターミナルビルで、香港国際空港向けに出国する航空機に搭乗する際、日本銀行券合計3億6522万円について、税関長の許可を受けないで輸出しようと準備した疑い。

 合計金額は、7億3522万円になる。

=2017/04/21 西日本新聞=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]