行事のあらまし

24
飾り山笠一般公開(14日夜まで)
飾り山笠がこの日初めて一斉に公開される。市内に先行で11本立ち、15日未明まで(博多区上川端町の櫛田神社は通年公開)
飾り山笠一般公開(14日夜まで)
飾り山笠2本が追加公開され、合計13本が出そろう(今年は東流は休み)
夕方 お汐井取り(当番町)
お汐井取りはみそぎの一種で、1日は当番町だけ。
東区の箱崎浜まで走り、浜辺で取ったお汐井(清め砂)で身を清め、筥崎宮に参拝した後、櫛田神社へ。
夕方 お汐井取り(全流)
1日の当番町のときとやり方は同じだが、各流とも全員が参加
10
夕方 流舁き・流区域内
この日、初めて山笠が動く。各流ごとに自分の流の区域を舁きまわる。
11
早朝 朝山・流区域内
各流とも流舁きを行う。
この日は、山笠に長年功労のあった長老や子どもたちを台上がりさせる。
午後 他流舁き・流区域外
他の流まで出向いて山笠を舁く。いわば相互の表敬訪問。
12
追い山ならし(追い山リハーサル)午後3時59分 舁きだし
3日後に迫った本番「追い山」のリハーサル。
13
集団山見せ 午後3時30分 呉服町→明治通り→市役所
舁き山笠が那珂川を渡り、福岡部を走るのはこの日だけ。
呉服町交差点をスタートし、明治通りを西へ。
福岡市役所前で手一本を入れた後、それぞれの流に戻る。
14
夕方 流舁き・流区域内
10日と同様に流舁きを行う。追い山直前の調整といったところ。
15
追い山 豪快フィナーレ 午前4時59分 舁きだし
鎮めの能 櫛田神社能舞台 午前6時開演
いよいよ本番。大太鼓の合図で、一番山笠が飛びだし、6分後に二番山笠、三番山笠からは5分おきに出発。
一番山笠は櫛田入りして「博多祝い唄」を歌い納める。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]