• 夕刊も本気です。
  • 発行部数九州No.1

「はなパパ」連載コラム

ベストセラー「はなちゃんのみそ汁」の原作者で、西日本新聞社の安武信吾編集委員が朝刊生活面に連載コラム「はなパパの食べることは生きること」を執筆しています。毎週火曜日に掲載する長期連載です。安武委員に連載の狙いなどを聞きました。

いま、新規の新聞ご購読お申し込みで「はなパパ」コラムセットをプレゼント!

執筆者略歴

  • 西日本新聞社 編集委員
  • 安武 信吾(やすたけ しんご)

1963年、福岡県宮若市出身。88年、西日本新聞社入社。久留米総局、宗像支局、運動部、出版部などを経て、今年8月から現職。2012年3月、乳がんを患い、余命わずかとなった妻の千恵さんが一人娘のはなさんに、みそ汁づくりを通じて、生きることの大切さや人を愛することの素晴らしさを伝えたノンフィクション「はなちゃんのみそ汁」(文藝春秋)を刊行した。俳優の広末涼子さんが主役を務める同名の映画が12月、福岡と東京を皮切りに公開された。

金婚夫婦表彰式

毎年、福岡・佐賀・長崎・大分県内で多くのご夫婦をお祝いしています。祝賀式典を催し、記念品・写真などをお贈りします。

お問い合わせ先

「西日本新聞金婚夫婦表彰式」事務局
〒810-8721
福岡市中央区天神1丁目4-1
TEL:092-711-5620

※受付 月~金曜日(祝日除く)午前10時~午後5時

参加無料

知人・友人の方にも式典をご紹介ください。

一緒にお祝いしましょう。

西日本新聞は夕刊も本気です。

西日本新聞夕刊がリニューアル

大好評です!

大きくて見やすいテレビ欄
趣味や暮らしのヒントになるコラムも充実!

ガーデナー石原和幸さんの「カズちゃんのガーデニング教室」、季刊「のぼろ」編集長による「歩く心に花鳥風月」、各地の旬の味を紹介する「これが旬」などのコラムを掲載!

お出かけ情報は毎日満載!

展覧会やコンサート、イベント、映画紹介などのお出かけ情報が充実しています。
同窓会や趣味の集いなど参加者を募る「みんな集まれ」など地元紙ならではの地域情報が自慢です。

試読申し込み購読申し込み

西日本新聞夕刊は福岡県内にお住いの方のみ定期購読が可能です。申し訳ございませんが、福岡県内在住の方のみお申し込みください。

ページトップへ

よみDOKORO

文字が大きく読みやすく

文字が大きく。紙面のレイアウトも一新。幅広い世代の皆さまにより読みやすく。
文字は大きい方が断然よみやすい!
是非新しい西日本新聞を他紙と読み比べてください。

朝刊1面にはその日のニュースが一目で分かるインデックス(一覧表)を配置、
気になるニュースがすぐに探せます。

今までの文字の大きさ
●今までの文字の大きさ

新しい文字
●新しい文字

新しい文字

地域情報のページは最大5ページに

新設する新九州面は九州中の話題や情報が満載。
曜日ごとに、ヘルス&スポーツ、カルチャー、観光などのテーマで気になる街や人をどんどん紹介。
九州中の隠れた観光名所や温泉、道の駅、映画のロケ地など、足を延ばしたくなる情報も満載です。

地域情報ページがパワーアップ!

九州とともに136年、西日本新聞はどこよりも九州の情報を手厚く報道しています。
地域の生活情報は信頼できるメディア・西日本新聞がお役に立ちます。もちろん地域の課題についても問題提起していきます。各地域版には、新企画が続々と登場。
西日本新聞社は九州を中心に、約70の取材拠点をもち、きめ細やかに地域の情報を発信しています。取材拠点の数は九州で最大の新聞社です。

ページトップへ

ページトップへ

エリアセンター社会貢献活動

車いす送迎車贈呈を実施中

西日本新聞エリアセンター(販売店)は、購読料の一部を積み立て、九州各県に車いす送迎車を贈っています。 第一号は平成14年5月に、福岡市(社会福祉協議会)に贈呈し、その後、筑後、北九州、筑豊、佐賀、長崎、熊本、大分、鹿児島、宮崎などで贈呈しました。 私たちエリアセンターでは今後も一部地域を除き贈呈活動を続けます。皆さまのご協力をお願いいたします。

地域見守り隊

西日本新聞エリアセンター(販売店)は、日常業務の中で一人暮らしの高齢者を見守る「地域見守り隊」を各行政機関と協力し行っています。
新聞配達や集金の際、異変に気づいたら行政に通報する仕組みであり、高齢者が安心して暮らせる地域社会の一翼を担う役割を期待されています。