松中信彦選手が現役引退の意向 1日にも記者会見で表明

松中信彦選手
松中信彦選手
写真を見る

 昨季限りで福岡ソフトバンクを退団した松中信彦内野手(42)が現役引退の意向を固めたことが29日、分かった。日本野球機構(NPB)の各球団との支配下選手契約に絞り、2月を期限として現役続行の道を探っていたが、入団テストなどの打診はなかった。1日にも会見を行う見通し。

 ソフトバンクを退団した松中内野手は、社会人時代に所属した新日鉄住金かずさマジック(旧新日鉄君津)などを拠点に練習していた。2月19日には宮崎市内のソフトバンクのキャンプ地を訪れ、他球団からのオファーについて「全くない」と明かしていた。

 熊本県出身の松中内野手は熊本・八代一高(現秀岳館高)、新日鉄君津を経てドラフト2位(逆指名)で1997年に福岡ダイエーに入団し、プロ通算19年で打率2割9分6厘、352本塁打、1168打点。本塁打王と首位打者に各2度、打点王に3度輝き、2004年に三冠王となった。

=2016/03/01付 西日本新聞朝刊=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]