工藤ホークス 若手「ボーナス」今季は撤廃 キャンプ1軍投手実力主義

高橋純(右)に声を掛ける倉野投手統括コーチ
高橋純(右)に声を掛ける倉野投手統括コーチ
写真を見る

 連続日本一を狙う工藤ホークスが若手投手陣への「ボーナス」を撤廃する。昨年の宮崎春季キャンプでは主力中心のA組に多くの若手投手を抜てきしたが、今年はベテラン、若手を問わず実力を最優先。若手投手には2月1日の「100球指令」も出るなど、昨年をはるかに上回るアピールが求められそうだ。宮崎春季キャンプのA、B組の組分けは、24日の監督・コーチ会議などを経て決まる。

 連続日本一を目指す工藤ホークスが、宮崎春季キャンプで若手投手陣に猛アピールを求める。A、B組の組分けについて、筑後を視察した倉野投手統括コーチは「(監督・コーチ)会議を経て決まる」とした上で「実力のある選手や、12月と1月の2カ月間でやってきたことが見える選手がA組に入る方向」とした。

 昨年は主力中心のA組に多くの若手投手を抜てき。田中や高橋純のドラフト1位コンビに加え、育成の吉本(昨季限りで退団)らで、実績ある摂津や中田、五十嵐、寺原らがB組スタート。シーズンは日本一奪還に成功した。倉野コーチは「その中で分かったこともある」と話した。

 今年は他の投手コーチとの話し合いも経て、考えをすりあわせた。結論は「キャンプは競争。今回は実力の順で」というもの。若手は東浜や千賀がタイトルホルダーになるなど躍進。他の力量も十分に把握したこともあり、倉野コーチが「本来の形」という実力主義に再びかじを切った。

 「A組ボーナス」が撤廃される若手投手には、2月1日のブルペンでの「100球指令」も出された。第2クールに行う予定のフリー打撃登板を逆算したもので、倉野コーチは「このくらいの強度で練習したと、アピールしてほしい」と強調。投手陣による生存競争の激化も期待している。

 もっとも、ベテランや中堅が昨年より優遇されるというわけではない。「もちろんだが、ベテランと若い選手の力が同じなら若い選手がA組に行く」。そう明言した倉野コーチは「昨季はシーズンでも笠谷や小沢などを1軍で見られた」と躍進を心待ちにする。

 組分けに関して、工藤監督は「各コーチもイメージしてくれていると思う。話し合って、何がベストかを決めたい」とした。どちらも同じ生目の杜運動公園で練習するため、B組の視察も容易。「うちはAもBもすぐ近くだから」。連続日本一の土台をつくる2月の宮崎では、例年以上の激しい競争が選手たちを待つ。

=2018/01/23付 西日本スポーツ=

今日の西スポ紙面はこちら 西スポプラス

西日本新聞のイチオシ [PR]

ソフトバンクホークス選手の写真販売中!

西日本新聞のイチオシ [PR]