トップ > 西日本新聞社広告局 > クリエイター訪問

クリエイター訪問

2012/06/28
世の中のため、仲間のために 汗をかいた「しごと」を称えたい。
九州アートディレクターズクラブ代表(K-ADCアワード2012実行委員長)
(株)電通九州 クリエーティブディレクション局 
クリエーティブディレクション1部長 伊藤 敬生さん

 福岡アートディレクターズクラブから九州アートディレクターズクラブ(K-ADC)に名称を改めて開催した、初のアワード「K-ADC AWARD 2012」。K-ADC代表・実行委員長の電通九州 伊藤敬生氏にお話を伺った。

2012/02/14
人を想う気持ちが伝わる広告を作りたい。
有限会社アルモニ グラフィックデザイナー 山本 千夏さん

 年末商戦が熱を帯びはじめた昨年の12月初旬、福岡都市圏にある27の商業施設の合同企画が西日本新聞に掲載された。

2011/09/09
「商品の世界観が伝われば、広告は饒舌である必要はありません。」
株式会社エアーズ 代表兼クリエイティブ・ディレクター 吉﨑 和郎さん

 今年の夏、シズル感いっぱいに3つの焼酎の飲み方を提案する高橋酒造(人吉市)の米焼酎「金しろ・しろ・銀しろ」の広告が目を引いた。

2011/05/24
いつも「言葉ありき」で、表現を考えています。
株式会社 第一エージェンシー シニアクリエイティブディレクター 芝 剛さん

 2011年3月17日、短いコピーのみで構成された筑紫女学園(福岡市中央区)の15段のブランディング広告はひと際目を引いた。創立百周年を迎えた同校のフレッシュな広告、その制作を手掛けたのが芝剛(しば ごう)さん。広告会社のクリエイティブディレクターとして、映像からグラフィックまで多岐にわたる広告制作を手掛ける芝さんに、発想の源を聞いた。