動画ニュース

羽生が反撃狙う 王位戦第3局2日目

2012年08月02日 13:03


 将棋の羽生善治王位(41)=棋聖=に藤井猛九段(41)が挑戦している第53期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の第3局は2日午前9時から長崎市大黒町のホテルニュー長崎で再開し、指し継がれた。

 前日の手順が再現された後、立会人の加藤一二三・九段が藤井の封じ手を開いて「3六歩」を告げ、2日目の戦いが始まった。

 封じ手は3七の銀取りに当てて歩を打ち込んだ手。羽生が2八銀(37手目)と引いて、2二角(39手目)と後手陣に角を打ち込むと、藤井は5五角(40手目)と攻防の角を打ち込み、中盤戦の攻防を展開。羽生が5六歩(41手目)と角取りに歩を突いて後手側の攻めを催促した。

 副立会人の山崎隆之七段は「藤井九段の攻めに羽生王位が反撃のチャンスを狙う展開になっている。藤井九段が3筋から一気に攻め込んでいくかが焦点になっている」と話した。

 同日夜には勝敗が決まる見込み。

=2012/08/02 西日本新聞=

■第53期王位戦中継サイトはこちら

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]