佐世保フォーラム

sasebo_top.jpg 佐世保を基盤に九州、全国へと発展している企業経営者と、福岡を本拠地に九州最大の発行部数を擁する西日本新聞社が手を携え、佐世保の明日を考える-これが、「佐世保フォーラム」の趣旨です。
佐世保は、基地と造船の街という重厚な面に加えて、今春、指定50周年を迎える西海国立公園やハウステンボスなどの魅力ある観光資源を擁し、さまざまな顔を持った可能性の大きな地域です。
フォーラムを通じて、九州最大のマーケットである福岡との連携を密にすることで、佐世保のさらなる飛躍を目指したいと考えております。
フォーラムでは、各分野の専門家を講師として招聘し、日々めまぐるしく移り変わる福岡のまちづくり、流通、エンターテインメント、教育などのホットな情報を伝えていきます。そして、それらが佐世保にどう生かせるのか、ともに考えていきます。また、佐世保の熱い動きを、福岡をはじめ九州全体に発信していきます。

■発  足/2005年2月10日
■会  長/安部直樹 (学校法人 九州文化学園 理事長 学園長)
■事務局長/小出 浩樹(西日本新聞社 長崎総局長)
■会 員 数/42人(2014年1月現在)

住所 長崎県佐世保市常盤町1-8 西日本新聞佐世保支局
TEL 095-624-4211
FAX 095-624-4212

最近の動き

第30回佐世保フォーラム例会

 佐世保フォーラムで西部ガス会長講演 長崎県佐世保地区の経営者と西日本新聞社でつくる「佐世保フォーラム」(会長・安部直樹九州文化学園理事長)の第30回例会が26日、佐世保市で開かれ、西部ガス(福岡市)の田中優次会長が「エネルギー業界の展望と当社の現況」と題して講演した。  4...

続きはこちら

2月16日 西日本会合同例会

 佐賀県の陶芸を代表する有田焼の柿右衛門窯と今右衛門窯、唐津焼の太郎右衛門窯の当主3人が肥前窯業の未来について意見を交わすイベント「三右衛門が語る」が16日、福岡市のホテルで開かれた。西日本政経懇話会と西日本支店長会、パートナーズクラブ、地域フォーラムの合同企画。有田焼は今年...

続きはこちら

写真ニュース

これまでの記事一覧