西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

中山秀征、昭和歌謡の徳永目指す 50歳迎えカバーアルバム発売

 自分の写真入り誕生日ケーキに笑顔の中山秀征(左)と柏木由紀=31日、東京都内
自分の写真入り誕生日ケーキに笑顔の中山秀征(左)と柏木由紀=31日、東京都内
写真を見る

 タレントの中山秀征が、50歳の誕生日の31日、カバーアルバムの発売を記念し、東京都内で開かれたイベントに登場。所属事務所の後輩で、AKB48の柏木由紀とデュエットできたことに気分を良くし、「昭和歌謡の徳永英明」を目指したいと、意欲的だった。

 50歳を迎えても、「全然やり足りない」と中山。以前からの念願だったというカバーアルバムは8月2日に発売。「星降る街角」「くちなしの花」など昭和の名曲を収録し、「今後もムード歌謡や流行歌のカバーを続けていきたい」と目標を語った。同じ事務所のお笑い芸人らもバックダンサーとして参加している。

 イベントには、アルバムに収めた「別れても好きな人」をデュエットした柏木がお祝いに駆け付け、一緒にケーキのろうそくを消した。柏木から「大人の色気がすごくて」と持ち上げられると、「ゆきりん(柏木の愛称)は昭和の香りがあり、はかない。オヤジはコロコロやられちゃう」とご機嫌に。

 囲み取材でも「ゆきりんがいるところへ行って歌う機会をつくりたい」とラブコールを送り、柏木が「ぜひ」と応じると、AKB入り宣言まで飛び出した。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]