【長崎】旅するチョウ飛来 アサギマダラ羽休める 五島

アザミの花の蜜を求めるアサギマダラ
アザミの花の蜜を求めるアサギマダラ
写真を見る

 海を渡り旅をするチョウとして知られる「アサギマダラ」が五島市に飛来し始めた。山林などでは羽を休める姿が見られる。

 同市の鐙瀬(あぶんぜ)ビジターセンターによると、アサギマダラは広げた羽の長さは約8センチで、薄青色のまだら模様が特徴。春に台湾などから本州方面へ北上し、秋には南へ向かう。

 同市玉之浦町の大瀬崎園地ではアザミの蜜を求めてアサギマダラがハチと一緒に飛び回っていた。園地で観察した同センター職員、出口敏也さん(53)は「五島で元気をつけて無事に旅してほしいですね」と話した。

=2017/05/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]