西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

【長崎】珍しい金魚大集合 海きららで特別展

四方に金魚が泳ぐ水槽から顔を出して観察する子どもたち
四方に金魚が泳ぐ水槽から顔を出して観察する子どもたち
写真を見る

 大きな尾びれや飛び出した目など珍しい種類の金魚を集めた特別展が、佐世保市鹿子前町の九十九島水族館海きららで開かれている。24日まで。

 夏の風物詩として親しまれる金魚約20品種150匹を、飼育員手描きの絵や説明を使って紹介。金魚は上からのぞき込んで観察すると美しく見えるとされ、低い水槽やおけなどを使って展示している。

 四つに分かれた尾びれと紅白模様が特徴の「更紗(さらさ)和金」や、成長すると体長50センチにもなるという品種「ジャンボオランダ」などさまざまな種類が並ぶ。品種改良で目の脇に膨らんだ袋を持つ金魚もいる。親子で訪れた同市の大久保小4年男子(10)は「真っ黒な出目金は目が飛び出していてかわいかった」と話していた。


=2017/09/01付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]