【福岡】落とし物は「リクガメ」 久留米署が保護

久留米署が保護しているカメ
久留米署が保護しているカメ
写真を見る

 もしもしカメよ~ 久留米市の路上で外来種のカメが見つかり、久留米署が「落とし物」として保護している。署によると、重さ約1キロ。リクガメの一種で、爪の特徴や甲羅の模様から、ユーラシア大陸に広く生息する「ホルスフィールドリクガメ」ではないかと見ている。

 8月31日の昼下がり、歩道をのそのそと歩いているところを通行人の男性が見つけ、市内の国分交番に届けたという。

 おっとりした性格で、人にかみつくこともなく、署でもキャベツをもりもり食べているという。国内ではペットとして人気の品種で「どこからか逃げ出してきたのだろうか」と同署。半月ほど預かって飼い主が現れなければ引き取り手を募集するという。


=2017/09/05付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]