【福岡】ピンク色のバッタ見つけた 豊前市の尾家さん自宅で飼育

室内で飼育され、元気に動くピンク色のバッタ
室内で飼育され、元気に動くピンク色のバッタ
写真を見る

 豊前市四郎丸の農業尾家清高さん(66)が、自宅近くの畑でピンク色のバッタを見つけた。自宅で飼育しており、近所の子どもたちが見学に訪れるなど地域で話題となっている。

 尾家さんによると、5日午後、体長3センチほどのピンク色のバッタを発見。捕まえて虫かごに入れた。知人からは「着色したんやろ」と言われるほど色鮮やか。黄色い横線が一部ある。暖かい室内で飼っているため、えさの葉っぱを食べ、元気に動き回っている。

 尾家さんは「バッタ自体見かけない冬に、人生で初めてピンク色のバッタを見つけるとは。今年は良いことが続いている」と話した。

=2017/12/12付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]