西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

『孫文と陳独秀』  横山宏章 著  (平凡社新書・929円)

 辛亥革命を指導した孫文が「英雄」とされているのに、中国共産党の設立者の一人、陳独秀が「裏切り者」と呼ばれるのはなぜか。北九州市立大名誉教授の著者は、「党をもって国を治める」という孫文の主張が中国共産党の一党支配を正当化するのに対し、自由で自立した人民が下から支える陳独秀の国家構想はその逆だからだとみる。


=2017/04/09付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]