『海馬の尻尾』  荻原浩 著  (光文社、1728円)

『海馬の尻尾』  荻原浩 著  (光文社、1728円)
『海馬の尻尾』  荻原浩 著  (光文社、1728円)
写真を見る

 2度目の原発事故後の日本。恐怖心を感じず、良心がないとまで言われる及川頼也は、ひょんなことから、医療機関に入院することになる。そこで出会ったのは、共感力が高い少女や、原発事故の原因となった飛行機に恋人と一緒に搭乗していた男だった…。直木賞作家が心とは何かを問いかける。


=2018/02/01付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]