『関ヶ原前夜』  光成準治 著  (角川ソフィア文庫・1166円)

『関ヶ原前夜』  光成準治 著  (角川ソフィア文庫・1166円)
『関ヶ原前夜』  光成準治 著  (角川ソフィア文庫・1166円)
写真を見る

 関ケ原の戦いに大名たちはどのような思惑をもって参戦したのか? 毛利、上杉、宇喜多、島津の4家の動向を1次史料によって実証的に分析し、彼らは領国内の支配強化などを狙って参戦したことを明らかにする。徳川-反徳川といった単純な二項対立的歴史観の見直しを迫る。著者は九州大の特別研究者。

=2018/04/28付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]