『熟れた月』  宇佐美まこと 著  (光文社、1836円)

『熟れた月』  宇佐美まこと 著  (光文社、1836円)
『熟れた月』  宇佐美まこと 著  (光文社、1836円)
写真を見る

 がんの宣告を受けたヤミ金業者のマキ子と、借金まみれで全てを失い、今はヤミ金の取り立て屋として働く乾。過酷な過去があり、金に翻弄(ほんろう)される人生を送ってきた2人が、「ウーピーパーピーの木の下に埋めた」というメッセージを受け取る。人間の業(ごう)と縁(えにし)を描く。

=2018/05/01付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]