西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

認知症の母と介護の娘に密着 ドキュメンタリー上映 23日 飯塚市

「徘徊~ママリン87歳の夏」上映会のチラシ
「徘徊~ママリン87歳の夏」上映会のチラシ
写真を見る

 認知症の母と介護する娘の生活を明るく描いたドキュメンタリー映画「徘徊(はいかい)~ママリン87歳の夏」の上映会が23日、飯塚市飯塚のコミュニティセンターで開かれる。筑豊地区での上映は初めて。主催する「認知症の人と家族の会いいづか」は「子どもからお年寄りまで気軽に見て、認知症が怖い病気ではないことを分かってほしい」と話す。

 田中幸夫監督が大阪市で撮影。自宅マンションでギャラリーを営む娘の酒井章子さんと、昼夜問わず徘徊する母アサヨさんとの日常が、関西弁の軽妙なやりとりを交え映し出される。

 4年間で徘徊した時間は1730時間、距離にして1844キロ。「想定外の大爆笑映画」「上等の悲劇と喜劇」「笑いを押し殺していたら涙が出てきた」などの感想が寄せられ、全国各地で好評を博している。

 上映開始は午後1時半。鑑賞無料で、字幕と副音声がある。飯塚市社会福祉協議会穂波支所=0948(29)5520。


=2017/09/15付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]