短編映画 気軽に 都市圏4市町で上映 「フェス」きょう開幕

猪野川に足を浸して短編映画を観賞するイメージ図
猪野川に足を浸して短編映画を観賞するイメージ図
写真を見る

 国内外の短編映画を上映する「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017in福岡」が15~23日、福岡市や宗像市、久山町などで開かれる。福岡商工会議所などの実行委員会主催。商店街や川辺、お寺など会場の雰囲気を味わいながら、短編映画を気軽に楽しめる趣向になっている。

 映像を通した文化の町づくりを進める久山町では、川に足を浸しながら観賞するユニークな上映会を17日、同町猪野の集会場「千人館」周辺で企画。猪野川に架かる五十鈴橋の下にスクリーンを設置し、観客は素足で川に入り、アニメや久山で撮影した短編を楽しむ。近くの千人館でも、米アカデミー賞短編実写部門の受賞作などを上映する。

 糸島市では16日、前原商店街の7カ所を会場に39作品を上映。商店街の食堂やラーメン店が「1日映画館」となり、グルメも楽しみながら映画観賞できる。また23日には志摩中央公園で14作品が上映され、屋外で星空を眺めながら子ども向け作品を観賞する。

 福岡市では17日夕、博多川端商店街(博多区上川端町)でCGアニメなどを上映。日中はアーケード内の特設ステージで、来年の作品制作に向けた公開オーディションやダンスパフォーマンス、映像監督の江口カンさんのトークショーなども。18日は同区博多駅中央街のJR博多シティ9階「JR九州ホール」で上映会がある。

 宗像市では15~18日、グローバルアリーナ(同市吉留)、鎮国寺(同市吉田)、街道の駅赤馬館(同市赤間)の3カ所でファミリー向け、恋愛ものなどの短編を上映する。詳しい上映スケジュールなどは実行委ホームページ=http://www.aie‐kyushu.com/shortshorts/=で確認できる。実行委事務局=092(451)8610。


=2017/09/15付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]