高慢と偏見とゾンビ

(C)2016 PPZ Holdings,LLC
(C)2016 PPZ Holdings,LLC
写真を見る

 ジェイン・オースティンの名作恋愛小説「高慢と偏見」の舞台を、ゾンビがはびこる終末世界に置き換えてアクション映画に仕立てた異色作。ゾンビと戦う勝気なヒロインが、高慢な大富豪の青年と出会い、共闘するうちに惹かれあっていく姿を描く。出演は「シンデレラ」のリリー・ジェームズ、「コントロール」のサム・ライリーら。監督は「きみがくれた未来」のバー・スティアーズが務める。古典とゾンビの融合というユニークな物語と、豪快なアクションに魅了される。

 18世紀のイギリス。謎のウイルスが蔓延し、感染したものはゾンビとなって人々を襲っていた。片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は、娘が裕福な男性と結婚できるようにと奔走する母親の心配をよそに、カンフーを駆使してゾンビと戦う毎日を過ごしている。そんなある日、屋敷の隣に、資産家のビングリーと、親友で大富豪のゾンビハンター、ダーシーが引っ越してくる。狂喜乱舞する姉妹だったが、次女エリザベスだけは、初対面でみせたダーシーの高慢な態度と、あまりにも冷酷にゾンビを駆除する姿に嫌悪感を抱いていた。だが、人類とゾンビの最終戦争が勃発し、共に戦うことになった二人は、互いの偏見に徐々に気づきはじめ、少しずつ距離を縮めていく…。(作品資料より)
 
監督:バー・スティアーズ
出演:リリー・ジェームズ、サム・ライリー、ジャック・ヒ ューストン

配給:ギャガ
9月30日(金)よりTOHOシネマズ天神ほかにて公開

▽公式サイト
http://gaga.ne.jp/zombies/

Recommend

Recommend