乃木坂46の次世代のエース・与田祐希、初の写真集で涙のワケ

写真を見る
写真を見る
写真を見る
写真を見る

 アイドルグループ「乃木坂46」の3期生、与田祐希さんがファースト写真集「日向の温度」(幻冬舎)を出版しました。昨年は初めてセンターを務め、今年はドラマに初挑戦。次世代のエース与田ちゃんが写真集発売を記念したイベントで古里の福岡に帰ってきました。

 -お帰りなさい。古里に帰ってきた気分はいかがですか。

 ★与田 ただいまです! 昨日はお母さんと一緒に天神でお買い物をしました。東京では福岡が恋しくなるときがあるので、(帰ってくると)安心しますね。

 -地元の志賀島にも帰った?

 ★与田 実家に泊まったんですけど、ヤギや他の動物がいっぱいいて癒やされました(笑)

 -写真集の出来栄えは?

 ★与田 初めてビキニを着たので緊張しましたが、楽しんで泳ぎながら撮りました。高校生としての姿もアイドルとしての姿も17歳のそのままの私がつまっている。もう一生撮れないんだろうなっていう写真がたくさん入った1冊です。

 -家族の反応は?

 ★与田 親は「祐希らしいね」「いい写真集だね」って言ってくれたんですけど、四つ下の弟はちょっと思春期なので、あまり感想を言ってくれなかった。

 -泣いている姿の写真があるけど、スタッフにいじめられた?

 ★与田 違うんですよー。この時期いろんな感情があふれていて、撮影自体は楽しくて感謝の気持ちでいっぱいになった、うれし涙でもあるし、(撮影が)終わっちゃったんだっていう寂しさもあった。自然と涙が止まらなくなって、おいしいご飯を泣きながら食べていました。

 -昨年はシングル「逃げ水」で初めて選抜され、同期の大園桃子さん(鹿児島県出身)とダブルセンターを務めましたね。

 ★与田 (テレビ番組)「乃木坂工事中」の収録で選抜が発表されて、どんどん名前が呼ばれていってセンター2人が空いていて、桃ちゃんが呼ばれて、最後に私が呼ばれて。まさか選ばれると思っていなかったので頭が真っ白で、涙が止まらなくなっちゃった。まだまだ未熟だし、先輩たちを見ていたら、ここに立てるような人間じゃないって思うときもあったんですけど、成長するチャンスでもあるから頑張りました。

 -昨年末の紅白歌合戦にも出場しました。

 ★与田 おととしは、おばあちゃんの家でテレビを見ていました。出場できてすごくうれしくて楽しめました。これまでは先輩の背中を見ながらかっこいいなと思っていましたが、しっかり勉強して、これからの乃木坂につながっていくように私も頑張っていきたいです。

 -再びセンターを目指すの?

 ★与田 センターに立つために頑張るのではなく、今できることを一生懸命やって、それが結果につながり、いつかまたセンターをさせてもらえることになったらいいですね。

 -ドラマも初挑戦しましたね。物忘れが激しいそうですが…

 ★与田 暗記力はあるんですよ。すっとぼけていて、荷物や上着を忘れたりするのは多いけどセリフは覚えられるんです。でも最初は乃木坂のメンバーがいないのでめちゃくちゃ緊張してセリフが飛んだら終わりみたいな感じでした。一生懸命やって、だんだん楽しくなって周りの俳優さんを見ていて学ぶことが多いです。

 -他のメンバーにない自分の持ち味はどこだと思いますか?

 ★与田 なんやろう、難しいなあ。福岡出身は1人やし、身長低いのはコンプレックスやったけど、「そこもいいところ」って言ってもらって、今ではチャームポイントになった。

 -ドラマでは超能力者が登場しますが、もし超能力を使えたら?

 ★与田 時間を止めて、いっぱい寝て、身長を伸ばす!

 -福岡のファンに一言を。

 ★与田 去年の全国ツアーは福岡がなくて、今回初めてお仕事で福岡に来たんです。大好きな福岡、九州にもっと乃木坂のファンが増えてイベントできるように頑張ります。福岡、大好きです。

 ▼よだ・ゆうき 2000年5月5日生まれ。福岡県出身。16年9月、3期生オーディションで応募者約4万9000人の中から選ばれた12人のうちの1人。昨年8月、18枚目のシングル「逃げ水」で初のセンターに。今年1月スタートのテレビドラマ「モブサイコ100」では主人公が恋心を抱く高嶺ツボミ役で出演。身長152センチ。

=2018/03/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]