西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

活魚てーる・たん 無双 修業した店の名前と味を 福岡市中央区

写真を見る

 店主の長谷川敬洋さん(43)は、福岡市・薬院にあった創業40年ほどの同名店で修業した。「そこが閉店となったため、4月に名を受け継いで(福岡市の)渡辺通に店を開きました」。

 店名に掲げるテールやタンは黒毛和牛を使う。「テール塩焼」(1080円~)は6時間ほど軟らかくなるまで煮込んでから焼く労作だ。一方、タンの刺し身や焼き物には柔らかい根元を選ぶなど、部位にもこだわって調理する。店内にはいけすも。佐賀県唐津市から直送される魚を泳がせ、新鮮な刺し身などが味わえる。

 福岡市中央区渡辺通1の10の1、四十川ビル1階。電話092(739)3230。月曜定休。


=2017/09/20付 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]