西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

岡本、井上「最後の共演」 HKT48関東ツアー千秋楽で魅了

号泣する2期生の仲間とともに、「草原の奇跡」を歌うHKT48の井上由莉耶(中央)と岡本尚子(手前右から6人目)
号泣する2期生の仲間とともに、「草原の奇跡」を歌うHKT48の井上由莉耶(中央)と岡本尚子(手前右から6人目)
写真を見る
自身最後のコンサートに出演した岡本
自身最後のコンサートに出演した岡本
写真を見る
40センチ以上カットしたというショートヘア姿をお披露目した井上
40センチ以上カットしたというショートヘア姿をお披露目した井上
写真を見る

 NHKホールに響く、割れんばかりの「はるか」コール。エース・兒玉遥の復帰で幕を開けた、HKT48の関東ツアー千秋楽は、のっけから最高潮の盛り上がりを見せた。田中菜津美が「鬼きついけど、めっちゃ楽しい」と評する、アップテンポなナンバー連発の「鬼セットリスト」。回を重ねるごとに成熟したパフォーマンスが、満員の客席を熱狂させた。

 グループ、メンバー個々にも変化を促した春の旅路。チームK4キャプテン多田愛佳の卒業に伴い、本村碧唯が2代目を襲名。岡本尚子と井上由莉耶はそれぞれ卒業を発表した。今回が自身最後のコンサートとなった岡本は、もはやHKT名物となった得意のあおりやMCで活躍。同じく井上も、40センチ以上カットしたショートヘアを初披露し、観衆を魅了した。

 客席で見守っていた谷真理佳(SKE48)が発動したアンコールでは、大きな舞台での「最後の共演」を惜しむように、「草原の奇跡」を熱唱。出会いの奇跡を歌った48グループ屈指の名曲と、メンバーの涙が旅の終わりに花を添えた。大切な仲間とのいとしい時間を重ねながら、少女たちは新たな旅路を歩きだす。

=2017/04/15付 西日本スポーツ=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]