「fairyw!nk」デビュー HKT荒巻&運上 天神でサイン会

デビューシングル「天使はどこにいる?」をリリースした「fairy w!nk」の荒巻美咲(左)と運上弘菜
デビューシングル「天使はどこにいる?」をリリースした「fairy w!nk」の荒巻美咲(左)と運上弘菜
写真を見る
笑顔でファンを見送る荒巻(左)と、懸命にサインを書く運上
笑顔でファンを見送る荒巻(左)と、懸命にサインを書く運上
写真を見る

 HKT48の荒巻美咲(16)と運上弘菜(19)の2人組ユニット「fairy w!nk」が13日、デビューシングル「天使はどこにいる?」をリリースし、福岡市中央区天神のタワーレコード福岡パルコ店で記念サイン会を開いた。

 クールな3期生・荒巻と、控えめな4期生の運上で結成したユニットは、9月に開かれた「AKB48グループユニットじゃんけん大会」で見事優勝。本戦出場48組の頂点に立ち、メジャーデビューの権利を勝ち取った。

 サイン会冒頭、運上は「ずっとこの日を楽しみにしていたので、楽しんで帰ってください」とあいさつ。整理券が完売するほどの盛況ぶりに、荒巻も「イベントが決まったとき(人が)来るか不安だったけど、こんなにたくさん来てくださったので、今日は頑張りたい」と意気込んだ。

 喜怒哀楽が表情に出にくいことから「平成のWink」と呼ばれ、デビュー作のジャケットも、1980年代後半から活躍した大先輩をオマージュしたような仕上がりに。「笑わないアイドル」がキャッチフレーズの2人は、デビューをファンとともに祝い、「天使」のような笑顔を見せていた。

=2017/12/14付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]