HKT48「オトナ」始めました

誘惑のガーター公演初日、セクシーなパフォーマンスを見せたHKT48の(左から)植木南央、指原莉乃、村重杏奈
誘惑のガーター公演初日、セクシーなパフォーマンスを見せたHKT48の(左から)植木南央、指原莉乃、村重杏奈
写真を見る

 先月26日に6周年を迎えたHKT48が17日、福岡市中央区天神の西鉄ホールで「誘惑のガーター」公演をスタートさせ、指原莉乃や宮脇咲良ら18歳以上のメンバーが、ちょっぴり「オトナ」なパフォーマンスでファンを魅了した。

 “サタデーナイト”にちなんだ「大人の姉妹グループ」SDN48が5年前に上演していた同公演は、メンバーが公演中に身に着けていたガーターを客席に投げ入れる表題曲「誘惑のガーター」など、セクシーな振り付けが満載。HKT公演の初日では、指原と植木南央、村重杏奈が挑発的な表情でガーターを投げ入れ、客席を沸かせた。メンバー2人が絡み合いながら歌う「I’m sure.」では松岡菜摘と咲良がセクシーなパフォーマンスを見せていた。

 2011年11月26日の公演スタート時に13.8歳だった平均年齢は、この日出演したメンバーに限るとちょうど20歳に。松岡は「6年の早さに驚いている。自分たちでも知らないような顔をしていると思う」としみじみ。駒田京伽も「特別公演みたいだった。次が楽しみ」と話していた。

=2017/12/18付 西日本スポーツ=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]