【佐賀県伊万里市】ヒガンバナ あぜ道彩る 伊万里・炭山棚田で見頃

あぜ道に咲くヒガンバナ
あぜ道に咲くヒガンバナ
写真を見る

 伊万里市二里町の炭山棚田で、ヒガンバナが段々に続くあぜ道を深紅に染めている。地中から赤い爪のように伸びたつぼみが次々と開き、週末にかけて満開の見頃を迎える。

 ヒガンバナは球根に含まれる成分がイノシシやモグラなどを忌避する効果があることから植えられ、群生する。国見山系の水で棚田米を栽培する炭山地区では、「すみやま棚田守る会」を中心に保全活動に取り組んでいる。

 収穫前の黄金色に輝く棚田を赤いヒガンバナが縁取り、シラサギやクロアゲハがやって来ては羽を休める色彩のコントラストに、多くの写真ファンたちが訪れている。


=2017/09/22付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]