【大分県日田市】被災地励ますヒガンバナ 日田・大鶴

崩壊した路肩(奥)のそばに咲くヒガンバナ
崩壊した路肩(奥)のそばに咲くヒガンバナ
写真を見る

 九州豪雨の被害が大きかった日田市大鶴地区の山あいに広がる田んぼの脇で、被災地を励ますように、真っ赤なヒガンバナが咲き誇っている。

 田んぼ沿いの県道は、豪雨で山から流木や石が流れ込み、28メートルに渡って路肩が崩壊。車両の通行は可能だが、ガードレールは壊れたままになっている。

 近くに住む女性は「田んぼを縁取るように咲いていて、秋を感じます。きれいで元気がでますね」と話していた。


=2017/10/04付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]