【長崎県佐世保市】「逆さ紅葉」秋の風情を 江迎町の寿福寺 18日から公開

寿福寺の旧本堂の床に映し出された「逆さ紅葉」
寿福寺の旧本堂の床に映し出された「逆さ紅葉」
写真を見る

 佐世保市江迎町長坂の寿福寺で、18日から毎秋恒例行事「逆さ紅葉」の一般公開が始まる。27日まで。

 床板に映る紅葉をめでる実相院(京都)の「床紅葉」の趣を見て、松園光基住職が10年以上前から開始。ほの暗い旧本堂の床に敷いたアクリル板は、色づき始めた庭の紅葉を逆さまにしておぼろに映し出し、実物の眺めと醸し出す空間には風情がある。

 役僧の梶山泰洋さん(39)は「雨の日も曇りも晴れもそれぞれ楽しめる。ここ数日の冷え込みで紅葉も進むと思う」。公開は正午~午後4時。観覧無料。寿福寺=0956(65)2040。


=2017/11/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]