子育ての試練と不可思議に、イクメン騎士(ナイト)が奮闘!

クローバーナイト 辻村深月著
クローバーナイト 辻村深月著
写真を見る

 子育ての世界ほど、次々に新しい言葉が生まれる分野はないかもしれない。公園デビューにお受験ママ、イクメン、保活。それぞれの言葉が象徴する新たな概念や関係性は、時代の移り変わりを反映しつつも、ときに想像をはるかに超えた独自の文化を進化させていることに驚く。本作は、子育ての世界の謎に直面しながら、家族の幸せを守るため奮闘する一家の物語だ。

 鶴峯一家は、会計士で35歳の裕と、オーガニックコットンの専門ブランドを立ち上げ、雑誌でも取り上げられることが多い同い年の妻・志保、保育園に通う5歳の長女、2歳の長男の4人家族である。志保の仕事と育児の両立を支援するべく、裕は大手の会計事務所よりも勝手がきく小さな事務所に移り、保育園の送迎もするイクメンとなる。

 ママ友との付き合いもそつなくこなす裕だが、「えーっ?!」という声をすんでのところで飲み込むような、不可解な育児文化にたびたび出くわすことになる。不倫疑惑が持ち上がったママ友の謎の行動、しれつな保活に潜む思惑、お受験やお誕生会のルール、そして鶴峯家に降りかかる問題。迷いながらも、親として、夫としてあるべき姿を模索する裕を、志保は鶴峯家のナイト(騎士)と称賛する。

 育児にまつわる難題に、「何が普通になるのか、常識になるのか、正解になるのか、やりすぎなのか」、裕が自身に問うシーンがある。自分では「普通」と信じていたことが、じつは限られた世界だけで通用してきたルールかもしれないと。生き方に正解がないように、子育てにも正解はない。誰かを非常識と責めることが本当に正しいことなのかという疑問に、裕の目線を通して気づいていく。育児ミステリーともいえる、裕の謎解きがじつに微笑ましい。

 メディアでは現代の子育ての特異性を報じることも多い。しかし、親となり、守るべき優先順位が子どもや家族になったときから、親はただ必死に務めを果たそうとしているだけなのかもしれない。そう考えると、次々に生み出される子育てのキーワードは、親たちの戦いの産物であるように思えてくる。本作品を読んで、次に生まれる新しい子育て文化を温かく見守りたい気持ちになった。


出版社:光文社
書名:クローバーナイト
著者名:辻村深月
定価(税込):1,512円
税別価格:1,400円
リンク先:http://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334911300


西日本新聞 読書案内編集部

◆好評の西日本新聞アプリ。3ヶ月無料の締め切り迫る。早めの登録がお得です!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]